画像は公式サイトをキャプチャ

スタジオジブリ4月15日から、宮崎駿氏の新作長編アニメーション映画制作スタッフ募集している。募集するのは同映画の「仕上げ(デジタルペイント)」、若干名の採用を予定している。

「仕上げ」とは、出来上がった線画の動画に彩色をすること。前述の彩色ソフトを使って、PC上で指定された色を塗っていく。

契約は今年10月からデジタルペイント業務終了日まで、最短1年半程度を想定

応募資格は20歳以上で、今年5月31日時点で日本国在住、制作に必要な日本語能力があること。また社会経験者、OpenToonzもしくはRETASPhotoshopによる作業経験がある人を優遇する。

募集する仕上げスタッフは新作長編アニメーション映画制作のためで、契約は今年10月から新作映画のデジタルペイント業務終了日まで、最短でも1年半程度を想定している。契約期間の定めのない雇用への変更は原則ないとしている。

業務時間は応相談で、稼働は原則として平日月曜日金曜日。報酬額は月額25万円以上で、「経験年数やスキルによって優遇」とある。アニメーション制作者実態調査によると、アニメーターの年収は平均332.8万円(2013年時点)。仮に月額25万円だと年収300万円となり、アニメーター平均を下回ることになるが、経験年数によって変わってくるものと思われる。

ツイッターでは、「給料もらえなくてもやりたい人いるだろうなぁ、キャリアになるし」「一緒に仕事できるなんて夢のようだな」という声や、「給料も悪くない」といった声が寄せられている。

画像は公式サイトをキャプチャ




(出典 news.nicovideo.jp)

25万円以上と書いてるけど、スキルも乏しく、年齢若ければ
下がる可能性もあるのでは?
アニメーターってきついことで有名だから、生粋のジブリ好きじゃないとこない気がする・・・

<このニュースへのネットの反応>

無職の俺たちも応募するぜ!


ひこうき雲終了時に全員解雇せずに教育・研修のため他社の仕事請け負っておけば、再募集することなかったのに。それだけ「ジブリ」ってアニメ制作界から嫌われていたのか証明したことになる。


もはやネームバリューだけの製作会社どこぞのアニメみたいに炎上しないと分からないのか


勤務時間書いてなくて保障されてる額は25万円・・・。


潰されるぞやめとけ


タローみたいな担当に当たったら、禿げ上がりそう...


こ、こわい……


「アニメーターが薄給で激務なのは手塚治虫のせい」って未だに言ってる人いるけど、天下のジブリがこれじゃあ「宮崎駿のせい」になっても仕方ないレベル


最悪劇場公開を延期することもできるし、締め切りに間に合わすため過酷な労働を強いられるテレビアニメよりはマシなのかも。


PIXARやMARVELから何人か引き抜いていい。


ジブリ というブランドだけ目当てで応募する人は多いだろうねえ実際技術が付くかどうか・・。


ジブリなのに月額25万しか保証されないんだなぁ・・・


アニメの仕上げに技術も*もないよ高度なデジタル塗り絵だよ


仕上げの実情を知ってる人間は絶対応募しないだろうなぁ……


アニメーターでもないし、デジタル仕上げなんて既にある線画に指定された色バケツ塗りしていくだけの誰でもできる仕事だよ