見て見て!ニュースブログ!

ニュース・芸能・スポーツ関係のまとめブログです。
お騒がせネタや、気になるネタもあれば投稿していければと 思ってます('ω') ソースは2ch・5chを用いています

    カテゴリ: ニュース


    コンビニオーナーでつくる「コンビニ加盟店ユニオン」は2月27日セブンイレブン-ジャパンに対し、どういう状況なら24時間営業をやめられるのかを話し合うため、団体交渉を申し入れた。

    ユニオンはその後、24時間営業をやめて本部と対立しているセブンオーナー松本実敏さん(東大阪市)とともに、国会内で記者会見を開いた。

    ユニオンの酒井孝典委員長は「(24時間という)チェーンイメージが大切なのか、人の命が大切なのか考えてもらいたい」と訴えた。

    「状況が変わっても契約に縛られるのか」

    松本さんは組合員ではないが、ユニオンでは人手不足や人件費の高騰などから、同様の事例は今後増えていくとみている。

    現状でも、24時間営業を守るため少なくないオーナーらが過労死ラインを超える働き方をしている。24時間営業をやめるのは、確かに契約違反かもしれないが、長時間労働を続ければ命を落とす危険性もある。

    ユニオン側は「契約にどこまで縛られるか。状況が変わったとき、どこまでやらないといけないか」という点を話し合いたかったと申し入れの狙いを語る。

    実際、セブンの契約では「特別の合意」があれば、24時間営業ではなくてもよい。しかし、具体的にどんな条件なら「特別」なのかは明示されていない。加えて、契約書には、社会情勢の変化などに対応するため、5年ごとの見直しもうたわれている。

    だが、セブンオーナーによる組合を認めておらず、申し入れに対する回答は出てこない。

    コンビニ加盟店ユニオン労働組合と認められるかどうかは現在、中央労働委員会で審議されており、近く結果が出る見通しだ。ただし、中労委でユニオン側が勝利したとしても、行政訴訟への移行が予想され、完全解決までは期間がかかる。

    一方、セブンは個別の店舗ごとに話し合うスタンスを取っているが、本部と各店舗の力関係は対等ではない。松本さんの事例でも、本部に窮状を訴えてきたが、十分なサポートを受けられず、24時間営業をやめた経緯がある。

    松本さんのもとには、時短を始めて以来、24時間営業に苦しむオーナーからたくさんの連絡が寄せられているという。

    状況を打破するためにも、松本さんは「悩んでいるオーナーさん、一緒に声をあげてください」「命を守ってください。行動を起こしてください」と呼びかけた。

    10年、20年後も「社会的インフラ」を維持できる?

    セブン松本さんに対し、24時間営業をやめてはいけない理由の1つとして、「コンビニは社会的インフラだから」ということを指摘している。

    実際、コンビニには、加盟店の意見に関係なく、災害拠点などたくさんの機能が集約されてきた。

    松本さん自身も「セブンイレブンは、世の中にはなくてはならない存在」だと認める。だからこそ、持続可能な仕組みを整え、「本当の意味での社会的インフラにしてほしい」と主張する。

    「売上さえ上がっていれば良いということではなく、10年、20年、100年後を考えてほしい」(松本さん

    コンビニは大手3社がしのぎを削っている。24時間営業が便利なのは間違いなく、営業時間やチャージ(上納金)などの仕組みを変えれば、他社に遅れをとってしまうリスクもあるだろう。

    酒井委員長は、「(コンビニ各社)それぞれ競争があるから難しいかもしれない。だからこそ、フランチャイズに関する法律が必要」と法規制の必要性も訴えていた。

    弁護士ドットコムニュース

    コンビニ24時間「契約と命、どっちが大事?」 オーナー労組がセブンに団交要求


    (出典 news.nicovideo.jp)

    深夜営業は、工場の昼勤とか、長時間残業で仕事終わった人に対しては便利です。
    ただ、少子化の影響に対して、店舗が増えていくのだから、人手がなかなか集まらないのはその影響だと思いますね・・・
    本部もそろそろ考えを打ち出さないと取り返しのつかないことになりますよー

    <このニュースへのネットの反応>

    【セブンオーナー組怒り爆発。徒党にて本部に物申す!】の続きを読む


    北朝鮮「はやくご飯クダサイ・・」米「だから核を捨てろや('ω')」


    朝鮮半島情勢「視界ゼロ」 米朝首脳会談が「制裁」問題で決裂 朝鮮半島情勢「視界ゼロ」 米朝首脳会談が「制裁」問題で決裂
    …【ハノイ(特別取材団)聯合ニュース】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が27、28両日にベトナム・ハノイのホテルで開いた2回目の首脳会談は、北朝鮮に対す…
    (出典:韓国・北朝鮮(聯合ニュース))



    (出典 wedge.ismedia.jp)


    北朝鮮は寧辺以外の施設以外に核施設があることを黙っていたのか・・・
    黙っているから、こんなことになっているのだと思うのだが・・・

    【北朝鮮「はやくご飯クダサイ・・」米「だから核を捨てろや('ω')」】の続きを読む


    (画像動画あり)またいつものスタバができた?いいや、今までのスタバとは違うのだよ!


    4階建ての大型スタバ、本格バーに洋酒300種類を用意、限定カクテルも/「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」 4階建ての大型スタバ、本格バーに洋酒300種類を用意、限定カクテルも/「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」
    …スターバックスは2月28日、日本初となる焙煎施設併設の大型カフェ「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」を東京・中目黒に開業した。ロースタリー…
    (出典:経済総合(食品産業新聞社ニュースWEB))



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    4階建てってどんだけwww
    あ、出来たの東京なんですね・・・

    早く、関西に作って頂けると(笑

    【(画像動画あり)またいつものスタバができた?いいや、今までのスタバとは違うのだよ!】の続きを読む


    スマホといえば今や誰もが持つ情報端末で、かつては「あんな大きな電話を誰が持ち歩くのか」と疑問に思ったりもしましたが、現在はそれが当たり前のようになってしまい、電気発明クラスライフスタイルを変えてしまうまさに画期的な発明品だったのかもしれません。そんな中こちらの画期的な端末が話題です。

    画期的なスマホといえば

    さて近頃登場し世間を湧かせていたのが、こちらHuaweiMateXです。折りたたみでパカっと開くとタブレットのように扱うことができる凄い端末で、価格も驚きの29万円という、iPhoneXが2台買えてしまうという驚きの価格。1台というよりも2台購入すると言った意味合いの方が強いのかもしれません。

    しかし今回紹介するのは、そんな既に話題となったスマホではありません。誰もが「あっ!」と驚き、そしてまだほとんど日の目を浴びることのない、HuaweiMateXのおかげでだいぶ存在感を薄めてしまったちょっと残念な端末です。

    それがこちら「Energizer のPower Max P18K Pop」です。

    Energizer Power Max P18K Pop

    ご覧いただけたでしょうか。

    え?この中にスマホがあるの?いえ、これがスマホです。

    パカって開くやつ?いえ、この状態で使います。

    驚くべき機能としては、こちらの端末なんと48時間連続で使い続けるというとんでもないタフなスペックを誇っております。

    つまりこの分厚さは、折りたたみではなくバッテリーなのです。18,000mAhという大容量バッテリー付きスマホといったほうがしっくり来るのかもしれません。

    分厚いかもしれませんが、普段バッテリーを持ち歩く人にとってはこれだけで済むのでむしろありがたく、折りたたみが主流になることを想定すれば今のうちにこの厚さに慣れておくのもいいのかもしれません。

    ということで、Power Max P18K Pop、約7万6000円というお求めやすい価格で今年の6月頃登場の予定。

    掲載元
    https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-6748375/Energizer-unveils-radical-phone-massive-battery-three-iPhones.html

    画像掲載元::いらすとや



    画像が見られない場合はこちら
    やたら防御力凄そうな、とんでもない「スマホ」が登場する!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ポケットには無理でしょこれw

    バッテリーの容量多いから需要はあるのか・・・?

    <このニュースへのネットの反応>

    【前代未聞、でかいスマホ出る・・・。そして値段が・・・】の続きを読む


    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    ・究極のマヨネーズが作れるおもちゃが発売
    ・自家製マヨネーズでふわっと食感
    3月28日に発売

    究極のMYO

    タカラトミーが究極のマヨネーズを作る事が出来る『究極のMYO』を発表。
    オリジナルの自家製マヨネーズが作れるというマヨラー歓喜の製品だ。

    『究極のMYO』は二層ミキサー構造になっており、下層では白身を混ぜて作るメレンゲを、上層では黄身と調味料オイルなどのマヨネーズの味となる部分を別々に作る。最後に下層と上層を会わせると、口の中でふわっととろける“生マヨネーズ”になるという。

    究極シリーズは過去にたまごかけご飯の『究極のTKG』、納豆の『究極のNTO』と発売してきており、今回で第三弾となる。

    『究極のMYO』は4500円で2019年3月28日に発売となる。

    発売時期:2019年3月28日発売予定
    メーカー希望小売価格:4,500円(税抜)
    商品サイズ:W207mm×H138mm×D161mm
    パッケージサイズ:W165mm×H160mm×D143mm
    商品コード:4904790523298
    電池:単二アルカリ電池3本使用

    関連:タカラトミーアーツさん 今年は納豆を究極においしくするマシンをリリースする模様
    関連:あの「全自動タマゴ割り機」が実際に開発されるwwwww

    究極のMYO

    究極のMYO1

    究極のMYO2

    究極のMYO3

    究極のMYO4

    MYO



    (出典 news.nicovideo.jp)

    そんな道具が出てるとは驚きです。
    からあげは必ずマヨネーズである微マヨラーですが、これは気になりますね!
    自家製マヨはなかなか作ろと思ってもめんどくさい方にぴったりっすねw

    <このニュースへのネットの反応>

    【マヨラー 究極のMYOが作れる?おいしいの??】の続きを読む

    このページのトップヘ