見て見て!ニュースブログ!

ニュース・芸能・スポーツ関係のまとめブログです。
お騒がせネタや、気になるネタもあれば投稿していければと 思ってます('ω') ソースは2ch・5chを用いています

    カテゴリ:ニュース > 新製品


    スマホといえば今や誰もが持つ情報端末で、かつては「あんな大きな電話を誰が持ち歩くのか」と疑問に思ったりもしましたが、現在はそれが当たり前のようになってしまい、電気発明クラスライフスタイルを変えてしまうまさに画期的な発明品だったのかもしれません。そんな中こちらの画期的な端末が話題です。

    画期的なスマホといえば

    さて近頃登場し世間を湧かせていたのが、こちらHuaweiMateXです。折りたたみでパカっと開くとタブレットのように扱うことができる凄い端末で、価格も驚きの29万円という、iPhoneXが2台買えてしまうという驚きの価格。1台というよりも2台購入すると言った意味合いの方が強いのかもしれません。

    しかし今回紹介するのは、そんな既に話題となったスマホではありません。誰もが「あっ!」と驚き、そしてまだほとんど日の目を浴びることのない、HuaweiMateXのおかげでだいぶ存在感を薄めてしまったちょっと残念な端末です。

    それがこちら「Energizer のPower Max P18K Pop」です。

    Energizer Power Max P18K Pop

    ご覧いただけたでしょうか。

    え?この中にスマホがあるの?いえ、これがスマホです。

    パカって開くやつ?いえ、この状態で使います。

    驚くべき機能としては、こちらの端末なんと48時間連続で使い続けるというとんでもないタフなスペックを誇っております。

    つまりこの分厚さは、折りたたみではなくバッテリーなのです。18,000mAhという大容量バッテリー付きスマホといったほうがしっくり来るのかもしれません。

    分厚いかもしれませんが、普段バッテリーを持ち歩く人にとってはこれだけで済むのでむしろありがたく、折りたたみが主流になることを想定すれば今のうちにこの厚さに慣れておくのもいいのかもしれません。

    ということで、Power Max P18K Pop、約7万6000円というお求めやすい価格で今年の6月頃登場の予定。

    掲載元
    https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-6748375/Energizer-unveils-radical-phone-massive-battery-three-iPhones.html

    画像掲載元::いらすとや



    画像が見られない場合はこちら
    やたら防御力凄そうな、とんでもない「スマホ」が登場する!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ポケットには無理でしょこれw

    バッテリーの容量多いから需要はあるのか・・・?

    <このニュースへのネットの反応>

    【前代未聞、でかいスマホ出る・・・。そして値段が・・・】の続きを読む


    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    ・究極のマヨネーズが作れるおもちゃが発売
    ・自家製マヨネーズでふわっと食感
    3月28日に発売

    究極のMYO

    タカラトミーが究極のマヨネーズを作る事が出来る『究極のMYO』を発表。
    オリジナルの自家製マヨネーズが作れるというマヨラー歓喜の製品だ。

    『究極のMYO』は二層ミキサー構造になっており、下層では白身を混ぜて作るメレンゲを、上層では黄身と調味料オイルなどのマヨネーズの味となる部分を別々に作る。最後に下層と上層を会わせると、口の中でふわっととろける“生マヨネーズ”になるという。

    究極シリーズは過去にたまごかけご飯の『究極のTKG』、納豆の『究極のNTO』と発売してきており、今回で第三弾となる。

    『究極のMYO』は4500円で2019年3月28日に発売となる。

    発売時期:2019年3月28日発売予定
    メーカー希望小売価格:4,500円(税抜)
    商品サイズ:W207mm×H138mm×D161mm
    パッケージサイズ:W165mm×H160mm×D143mm
    商品コード:4904790523298
    電池:単二アルカリ電池3本使用

    関連:タカラトミーアーツさん 今年は納豆を究極においしくするマシンをリリースする模様
    関連:あの「全自動タマゴ割り機」が実際に開発されるwwwww

    究極のMYO

    究極のMYO1

    究極のMYO2

    究極のMYO3

    究極のMYO4

    MYO



    (出典 news.nicovideo.jp)

    そんな道具が出てるとは驚きです。
    からあげは必ずマヨネーズである微マヨラーですが、これは気になりますね!
    自家製マヨはなかなか作ろと思ってもめんどくさい方にぴったりっすねw

    <このニュースへのネットの反応>

    【マヨラー 究極のMYOが作れる?おいしいの??】の続きを読む


    『ソニーモバイルが新フラグシップ「Xperia 1」発表 21:9の4K有機ELや3眼カメラを搭載(ITmedia Mobile)』についてTwitterの反応




    (出典:)



    (出典 i.ytimg.com)



    【(朗報)ソニーがXperia 1 発売発表!今までよりもサイズが長い!】の続きを読む

    このページのトップヘ